※投票は5月1日で終了致しました。投票の集計結果は学会終了後掲載します。
 ※回答・解説は学会の時に行います。
     ※当日、回答用紙を提出して頂いた方には、カラーの解説ハンドアウトを無料で配布します。
 
婦人科 3例  口腔・呼吸器 6例  乳  腺 3例 泌尿器 3例  体腔液 3例  その他 4例
   
    

症例1 子宮頚部

年齢:60歳代
性別:女性
採取方法:子宮頸部擦過
採取器具:ブラシ
臨床情報:子宮頸癌に対し、化学・放射線治療同時併用療法後の検体
                           出題者:滋賀医科大学 岩井宗男

※画像をクリックすると拡大します。

【 選択肢 】
NILM(扁平上皮化生) NILM(再生上皮細胞) HSIL AGC Adenocarcinoma

症例2 子宮頚部

年齢:60歳代
性別:女性
採取方法:子宮頸部擦過
採取器具:ブラシ
臨床情報:子宮頸部に腫瘤を触れる
                          出題者:滋賀医科大学 岩井宗男

※画像をクリックすると拡大します。

【 選択肢 】
NILM(頸管腺細胞) HSIL AGC AIC Adenocarcinoma

症例3 子宮体部.

年齢:70歳代
性別:女性
採取方法:子宮体部擦過
採取器具:エンドサイト
臨床情報:不正出血を認める
                           出題者:滋賀医科大学 岩井宗男

※画像をクリックすると拡大します。

【 選択肢 】
細胞質変化(好酸性変化) 子宮内膜異型増殖症 類内膜腺癌(G1) 漿液性腺癌 癌肉腫